太陽光事業

太陽光発電
住宅用太陽光発電システムは屋根の上や遊休地に太陽電池を設置して発電し、その電気を自宅で利用して使い切れない分は電力会社に買取っていただく、環境性や経済性に優れた発電システムです。



1.太陽電池パネル・・・太陽光で電気(直流)を創ります。
2.パワーコンディショナ・・・発電された電気を家庭で使える交流に変換します。
3.自宅で使用・・・自宅の電化製品を創った電気で賄います。
4.電力会社に販売・・・使いきれない電気は電柱に逆流させます。

太陽光発電 長所と短所
地球環境に優しい太陽電池ですが、製造過程では二酸化炭素(CO2)を発生します。 その発生量は太陽光パネルを長く使用することで、結果的には火力発電で発生されるCO2の量よりもはるかに少なく電気を作れます。

◆長 所

① 太陽光を利用するので燃料費が無料。
② 燃料の太陽光は無限で枯渇の心配が無い。
③ 発電時に地球温暖化の原因のCO2を出さない。
④ 基本的にメンテナンスが不要である。
⑤ 送電時に生じるロスがない。
⑥ 自宅で使いきれない電気は販売できる。
⑦ 停電時も晴れてる時に一部電気を使える。(1.5kwまで)
⑧ 屋根が2重になり夏は涼しく、冬は暖かくなる。
⑨ 移設・転売・リサイクルが可能である。
⑩ 家族全員の節電意識が高まる。

◆短 所

① 発電量は天気に左右され不安定である。
② 夜間は発電しない。
③ 日当たりの悪い場所には設置できない。
④ 導入時に設備投資費用が掛かる。
⑤ 余った電気を溜めておけない。(費用が掛かりすぎる為)

このページの先頭へ